ヴィジャイ・プラシャド「褐色の世界史」

ヴィジャイ・プラシャド「褐色の世界史」

「第三世界というプロジェクト、それはこれまでヨーロッパが
答えられなかった問題を解決することなのだ」――フランツ・ファノン

インド出身でアメリカで国際関係論の教鞭をとるヴィジャイ・プラシャド。「第三世界プロジェクト」論で注目を集めているプラシャドの主著、待望の日本語訳刊行。訳者の粟飯原文子氏は、現代アフリカの思想史研究者。21世紀の世界史を展望するうえでの必読書。水声社刊。

インターアジア・カルチュラル・スタディーズ学会のお知らせ

MAT Projectと連動する雑誌「インターアジア・カルチュラル・スタディーズ」からの案内です。

来年2013年7月開催予定のインターアジア・カルチュラル・スタディーズ学会の発表やパネルを募集します。

開催期間  2013年7月3日〜5日

会場    シンガポール国立大学ケントリッジ校

申込締切  2012年12月1日

共通テーマ 文化産業を超えて

詳しくは、インターアジア・カルチュラル・スタディーズのウェブサイトをご覧ください。